Top


本サイトは、LiveE!プロジェクトにおける「ソラテナ」の気象データ利用についてご紹介します。


「ソラテナ」とは、ウェザーニュース、KDDIが提供する気象コミュニケーションサービスです。

全国約3,000箇所において、7種類(気温、湿度、気圧、照度、感雨、UV-A、UV-B)の気象データを測定しており、いろいろなサービスで利用されています。


LiveE!プロジェクトでは、これらのデータを研究・教育の目的で有効活用できるようにさまざまな取り組みを行なっていきます。

 

デモサイトの紹介はコチラ

 

 LiveE!プロジェクト